ハンコ屋さんも印象が変わった

印鑑イメージ

最近、駅前に格安なハンコ屋さんが出来たそうです。
印鑑に、格安ってあるのと思ってしまった私です。
近所の人達も、何で駅前にハンコ屋さんが出来たのか不思議がっています。
この不景気で、駅前のビルのテナントが入らなくて、ずっと空き店舗だったから安く借りられたのかもしれません。
よけいなことかもしれませんが、ハンコ屋さんは少しでも長く営業して欲しいものです。

私の中で気になったのが、格安の文字です。
近所の人が、オープンの時に行ってみたそうですが、格安は認印だけかと思っていたら、実印も安かったと言っていました。
一通りの印鑑の種類は置いてあったし、シャチハタもあってお店の中はハンコ屋さんって感じで無かったから入りやすかったと言っていました。
今は、ハンコ屋さんも印象が変わったという事です。
昔の堅苦しい店構えだと、誰も来ないと思いますからね。

ただ、私のハンコ屋さんの印象は値段が高いけどそれなりのちゃんとした印鑑という印象が強いですから、格安なハンコ屋さんは軽い感じがし過ぎます。
違う近所の人は、オシャレ印鑑が格安だったから購入したと言っていました。
私は、オシャレ印鑑を見た事もないのでわかりませんが、なんとなく今のハンコ屋さんについていけなくなってきています。
私が、時代についていけてないのでしょうか…。

印鑑の勉強という意味でも一度、格安なハンコ屋さんに行ってみようと思います。
行くことによって、私の中で考えていたことや思っていたことが、変わるかも知れませんからね。
印鑑を知ると、何となく賢くなった気になります。全員が印鑑に詳しい訳ではないからなのかも知れません。

ページの先頭へ